コラム

column

外壁に防水工事が必要な理由とは

こんにちは!
静岡県浜松市に拠点を置いて活動している、株式会社カワムラシーリングと申します。
浜松市内を中心に雨漏り修理やベランダ防水、屋上防水工事などを行う専門工事会社です。
「外壁に防水工事は必要なのかな?」と疑問に思っている方はいらっしゃいませんか?
今回は、外壁に防水工事が必要な理由について解説いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

雨漏りは外壁からもする

ひび割れ
雨漏りといえば、屋根や天井から起きるというイメージを持っている方も多いと思います。
でも雨漏りは、屋根や天井だけでなく外壁からもするのです!
外壁は通年雨風や紫外線にさらされているため、どんなに耐久性が高くても年数が経てば劣化します。
中にはひび割れが見られることもあるほどです。
ひび割れはたとえ小さくても、放置しておくと外壁内部の防水シートが雨水にさらされ続けて破損し、内部の構造材に雨水が染み込んで腐らせてしまいます。
状態がひどくなると、外壁材の交換や外壁内部の防水シートの貼り替えなどが必要となり、工事も大規模になってしまうでしょう。

外壁の防水工事は家を守るために必要

外壁には防水対策が施されているものの、効果はずっと続くわけではありません。
家を建ててから5~10年程度経過したら、外壁の防水工事を考えたほうが良いです。
劣化が始まり、外壁のひび割れから雨漏りが発生してからでは遅く、建物の耐久性がどんどん落ちていってしまいます。
雨水が建物に入るのを防ぎ、建物の耐久性も維持させるには、外壁の防水工事も必要です。
大事なマイホームで、できるだけ長く快適に過ごすためにも、少しでも気になる点があったら外壁の防水工事を検討しましょう。

防水工事はカワムラシーリングまで!

防水施工
ただいま弊社では、雨漏り修理や防水工事などのご依頼をお待ちしております!
近年は台風の大型化やゲリラ豪雨の発生により、建物は雨水にさらされる機会も多くなりました。
経年劣化もそうですが、災害が原因で外壁が傷ついて雨漏りなどが発生してしまうこともあるため、早めのメンテナンスをすることが重要です。
少しでも気になることがございましたら、ぜひ一度お問い合わせください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。