コラム

column

ウレタン防水工法でマンションの屋上防水工事をする際の流れ

こんにちは!
静岡県浜松市に拠点を置き、雨漏り修理やベランダ防水、屋上防水工事などを手掛ける株式会社カワムラシーリングです。
皆様は、ウレタン防水工法という屋上防水工事をご存じでしょうか。
マンションの屋上防水工事ではウレタン防水を使うことが多いですが、ウレタン防水はさらに「密着工法」と「通気緩衝方法」の2つにわけられます。
今回は、通気緩衝方法について工事の流れを解説いたしますので、工事を考えている方はぜひご参考ください。

ウレタン防水「通気緩衝工法」

マンション

下地の洗浄・補修

まずは屋上の汚れを高圧洗浄で落としていきます。
洗浄が終わったら、下地のひび割れなどの補修です。
目地部分にコーキング処理なども行い、全体を平滑にしていきます。

プライマーの塗布

下地処理が終わったら、プライマーと呼ばれる接着剤のようなものを塗っていきます。
下地との密着性を高めるためです。

通気緩衝シートの貼り付け

専用ボイドを使って、通気緩衝シートを全体に貼り付けていきます。
貼り付ける際は、シワや空気が入らないように気をつけなくてはいけません。

ウレタン樹脂の塗布(中塗り・上塗り)

ローラーやコテで、ウレタン樹脂を全体に塗布していきます。
乾いてかたまってきたら、再度ウレタン樹脂を塗布します。
2回塗りすることで、規定の塗膜厚に形成できるのです。

トップコートの塗布

ウレタン樹脂が硬化したら、トップコート材を塗ります。
ウレタン塗膜防水材は、紫外線に弱いです。
防水を紫外線から保護するために、しっかりと塗布します。

防水工事はカワムラシーリングまで!

握手
弊社は、「水からの保護」を最優先にした工事を行っております。
建物への水の浸入を完全に断つため、経験豊富なスタッフがしっかり対応いたしますので、お困りごとがございましたらぜひカワムラシーリングまでお問い合わせください。
ビル・マンションの防水工事・改修工事・修繕工事など幅広く対応しております!
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。