BLOG

なぜ必要?屋上や屋根の防水工事

「防水工事って、新築時にしてもらっただけでは足りないの?」
このように疑問に思われている方に向けて、定期的な防水工事がなぜ必要なのかを解説いたします。

屋上や屋根の防水工事が必要な理由

主に次の2つが挙げられます。

①外壁素材や建物全体の劣化を予防するため
②美観性を維持するため

屋上や屋根はどうしても雨水の影響を受けやすい部分です。
このため、しっかりと防水加工が施されていなければ建物内部に浸水し、躯体部分が腐食してしまいます。

また、FRP防水やウレタン防水は塗装することでツヤが出て見栄えを良くしてくれる効果ももち合わせております。
これらの理由から、定期的なメンテナンスが必要となるのです。

10年以上防水工事を行なっていない方へ

一般的には10年に一度メンテナンスを行なうことが推奨されております。
もし該当する方は、静岡県浜松市の施工業者『株式会社カワムラシーリング』にぜひご相談ください。
気になる方は雨漏り修理のご依頼も併せて承ります。

みなさまからのお問い合わせを心よりお待ちしております。
最後までご覧いただきありがとうございました。

────────────────────────
浜松市内を中心に防水工事、 雨漏り修理のご依頼・ご相談は「カワムラシーリング」まで!

株式会社カワムラシーリング
〒432-8056 静岡県浜松市南区米津町1493
TEL:053-401-6070 / FAX:053-401-6071
Email:kawamurasealing@samba.ocn.ne.jp
URL: https://kawamurasealing.jp/
────────────────────────

関連記事一覧