こんにちは!株式会社カワムラシーリングです。
弊社は浜松市を拠点として静岡県と東海三県でシーリング工事・各種防水工事・雨漏り工事・塗装工事のご依頼を請け負っております。

今日は、防水工事のスペシャリストである私たちから、屋上防水の施工方法:塗膜防水(ウレタン、FRP)のお役立ち情報をお届けいたします。

知って納得!屋上防水の施工をご検討中の方、必見!

屋上防水の施工は、下地のうえに防水層をつくり、そのうえにトップコートを塗っていきます。
防水層にも色々と種類がありますが、近年主流になっているのは「ウレタン防水」と「FRP防水」です。
今日は、この2つについて比較してみます。

「ウレタン防水」と「FRP防水」のメリット・デメリットをご紹介

「FRP防水」が1~2日で完成するのに対し、「ウレタン防水」は3~10日と少し工期が長くなります。
耐用年数はほぼ変わりませんが、ウレタンの方が少し単価が高くなります。

FRPは、軽量なので建物への負担が少ない、強度がある、耐摩耗性に優れているのが特長ですが、紫外線に弱く、伸縮性がないので木造のベランダや鉄の下地には向いていません。

一方ウレタンは、どのような下地にも対応できる柔軟性と、廃材ができにくく仕上がりが美しいのが特長ですが、その分均一に塗装するのが難しいので熟練の職人に頼む必要があります。
経年劣化で亀裂する可能性があるので、寿命を迎えたら早めの塗り替えをおすすめします。

ご覧のようにそれぞれメリット・デメリットがあります。
弊社では、各現場に合った最適な工法をご提案させていただきます。
シーリング工事・各種防水工事・雨漏り工事・塗装工事のことなら、一級技能士の資格をもつ弊社にお任せください。

最後までご覧いただきありがとうございました。


浜松市で雨漏り修理・塗り替え工事・防水工事は株式会社カワムラシーリング
ただいま防水・塗装工事スタッフ求人中です!
〒432-8056 静岡県浜松市南区米津町1493
電話:053-401-6070 (携帯:090-3958-8238) 【営業電話お断り】
FAX:053-401-6071