こんにちは!静岡県浜松市に拠点を置き、防水工事や雨漏り修理を手がける株式会社カワムラシーリングです!
「シーリング工事はどのタイミングで実施すべき?」
このような疑問を抱く人も多いでしょう。
そこで今回は、「シーリング工事が必要な状態とは?」をテーマに設定し、具体的にご説明しましょう。
ぜひ最後までご覧ください!

シーリングの経年劣化について


基本的に建物を新築する際にはシーリング工事を行います。
しかしシーリングにも経年劣化はあり、次第に機能が低下していきます。
本来の機能が失われた場合は雨水の影響を強く受けるようになり、最終的に雨漏りへとつながるのです。
シーリングの劣化症状について具体的にご説明しましょう。

1.剥離

シーリングの剥離は、シーリング材に隙間が生じた状態を意味します。
隙間から雨水が入り込んでしまうため、雨漏りの可能性が高くなります。

2.欠落

シーリングの欠落は、シーリング材が剥がれ落ちた状態を意味します。
外壁の継ぎ目がむき出しになっているため、剥離よりも深刻な状態です。

3.ベタつき

シーリングの劣化により、ベタつきの症状があらわれるケースがあります。
汚れが付着しやすくなり、次第に機能も低下してしまいます。

このように、シーリングの劣化症状はいくつかあるため、気になる症状を発見した場合は業者に相談してみましょう。

防水・シーリング工事のご依頼はぜひ弊社へ!


静岡県浜松市に拠点を置く弊社では、シーリング工事をメインに手がけております。
シーリングは目立たない存在ですが、雨漏りのリスクを下げるという大切な役割を担っています。
シーリングの劣化は建物自体の劣化にもつながるため、なんらかの症状が見られる場合は一度ご連絡くださいませ。
入念な現場調査によりシーリング材の問題を分析し、速やかな施工によって解決を図ります!
また弊社では雨漏り修理業者としての側面もあり、豊富な経験がございます。
雨漏りの診断・点検から修理まで、幅広く対応する中で実績を積み上げてまいりました。
雨漏りは、外壁や屋根を含むさまざまな箇所から発生する可能性があり、放置すると深刻な被害につながります。
一次被害・二次被害へと拡大する可能性もあるため、なるべく早めの修理が必要です。
雨漏り修理で豊富な経験を持つ弊社であればスピーディーに対応いたしますので、雨漏りの兆候が見られる場合にはぜひ一度ご連絡くださいませ。
お問い合わせにつきましては、お電話または専用フォームより受け付けております!
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


浜松市で雨漏り修理・塗り替え工事・防水工事はカワムラシーリング
ただいま防水・塗装工事スタッフ求人中です!
〒432-8056 静岡県浜松市南区米津町1493
電話:053-401-6070 (携帯:090-3958-8238) 【営業電話お断り】
FAX:053-401-6071